2020年第53回(令和2年)大会は中止になりました。




                                  令和2年4月22日

第53回日本言語障害児教育研究大会の開催中止について

          日本言語障害児教育研究会  会長 羽田 紘一

 日本言語障害児教育研究会が本年8月17,18日に予定しておりました第53回研究大会は、新型コロナウィルスの感染拡大収束の見通しが立たず、参加者の安全確保が困難なため、やむを得ず中止といたします。
 4月に入ってから新型コロナウィルスの感染者等は日ごとにその数を増しており、新型コロナウィルス感染症対策専門会議においても年内の収束の見通しが立っておりません。また、今後も長期にわたる感染予防の対応の必要性が予想されます。
 このような状況下で開催した場合、研究大会の講座形態は、対策専門会議が避けるように提唱している「三密」の状態にならざるを得ず、それを避ける実施形態をとることは不可能であります。
 実施に踏み切った場合、万が一にも感染者が出た時に、日本言語障害児教育研究会として対処する手段がないばかりでなく、参加者全員の安全の確保は困難です。
 さらに、令和2年度始めから、全国の学校の休校状態が一応5月6日までとなっておりますが長引くことも予想され、それに伴って各地で夏期休業を短縮し、8月中旬から授業開始とする動きがあります。それに伴い、予定していた8月17日、18日に開催しても参加不可能となる先生方が多いことが予想されます。
 以上のような事情を踏まえ、本年度は残念ながら研究大会を中止といたします。
 なお、令和3年度の研究大会は、令和3年8月17日、18日に実施する予定でおります。実施の詳細は、日本言語障害児教育研究会のホームページに掲載いたします。
 

リンク集

日本言語障害児教育研究会
 (通称;日言研)
についてご案内します。
 日本言語障害児教育研究会講師派遣事業について

  日言研が研修会の講師を派遣します。費用は日言研が負担します。
  
全国言友会へ
全難言協へ
バナー

最終更新日
2020.4.22

Copyright (c) 2007.Shojiro Sakurai

お問い合わせ メール
 
日言研の沿革

これまでの大会一覧
第1回〜第52回
(1965年〜2019年)